あなたのキモチ つなげるカタチ

TOP > jQuery > 【jQuery】テキストを一文字ずつ立体的にフェードインさせるテクニック/Text Fade and Scale Animation

【jQuery】テキストを一文字ずつ立体的にフェードインさせるテクニック/Text Fade and Scale Animation

スポンサーリンク

この記事は2018年9月2日に公開した記事です。

現在とは状況が違う場合がありますのでご注意ください。

コーディングテクニックの実装内容

今回は、WEBページでよく見かける「テキストを一文字ずつフェードイン」させるアニメーションに立体感が出るような演出を加えてみました。
CSSによってテキストを1文字ずつ表示させるアニメーションを実装しています。

実装所要時間:10分程度
難易度:初心者コーダーでも実装可能

CSS,JavaScriptの記述内容

実装に必要なスクリプト、CSSはたったのこれだけです。

$(function(){
  $('.text').children().addBack().contents().each(function() {
      $(this).replaceWith($(this).text().replace(/(\S)/g, '<span class="text-move">$&</span>'));
  });
   setTimeout(function(){
      $(".text").addClass("active");
  },100);
});
.wrap {
  width: 768px;
  margin: 0 auto;
}
.text {
  margin: 200px 0 0;
  text-align: center;
  opacity: 0;
}

.text-move {
  opacity: 0;
  display: inline-block;
  transform: scale(1.25) translate(8px, 4px);
  font-size: 50px;
  letter-spacing: 0.02em;
}

.text-move:nth-child(1) {
  transition: opacity 1.2s ease 0.1s, transform 1.2s ease 0.2s;
}
.text-move:nth-child(2) {
  transition: opacity 1.2s ease 0.2s, transform 1.2s ease 0.25s;
}
.text-move:nth-child(3) {
  transition: opacity 1.2s ease 0.25s, transform 1.2s ease 0.3s;
}
.text-move:nth-child(4) {
  transition: opacity 1.2s ease 0.3s, transform 1.2s ease 0.35s;
}
.text-move:nth-child(5) {
  transition: opacity 1.2s ease 0.35s, transform 1.2s ease 0.4s;
}
.text-move:nth-child(6) {
  transition: opacity 1.2s ease 0.4s, transform 1.2s ease 0.45s;
}
.text-move:nth-child(7) {
  transition: opacity 1.2s ease 0.45s, transform 1.2s ease 0.5s;
}
.text-move:nth-child(8) {
  transition: opacity 1.2s ease 0.5s, transform 1.2s ease 0.55s;
}
.text-move:nth-child(9) {
  transition: opacity 1.2s ease 0.55s, transform 1.2s ease 0.6s;
}
.text-move:nth-child(10) {
  transition: opacity 1.2s ease 0.6s, transform 1.2s ease 0.65s;
}
.text-move:nth-child(11) {
  transition: opacity 1.2s ease 0.65s, transform 1.2s ease 0.7s;
}
.text-move:nth-child(12) {
  transition: opacity 1.2s ease 0.7s, transform 1.2s ease 0.75s;
}

.text.active {
  opacity: 1;
}

.text.active .text-move {
  opacity: 1;
  transform: scale(1) translate(0);
}

@media screen and (max-width:640px){
  .wrap {
    width: 100%;
  }
  .text-move {
    font-size: 30px;
  }
}

実装のポイント

  • 1) jQueryでpタグ内のテキストを一文字ずつspanで囲む
  • 2) pタグに.addClass()でクラスactiveを付与
  • 3) クラスactiveが付与されたpタグのspanにCSS3のアニメーションを使用。transform: scale(1.25) →scale(1)で奥行感をだし、translate(8px, 4px)によって位置を少しずらすことで動きをつける
  • 4) デモページでは12文字まで対応しています。文字数を増やす場合はnth-childを追加してください。

スポンサーリンク