Web制作 × AI

フリーランスのエンジニアの世界は一桁違うだけで全て狂い損害賠償イッセンマンになる可能性もあることの詳細

今回はフリーランスのエンジニアの世界は一桁違うだけで全て狂い損害賠償イッセンマンになる可能性もある話についての記事になります。

エンジニアは一桁違うだけで全て狂い損害賠償イッセンマンになる可能性

フリーランスの損害賠償対策

フリーランスのデザイナーやエンジニアは不慮の事故によるクライアントからの損害賠償請求が怖いですよね。。会社員と違って会社に守ってもらえず自己責任ですし。

そんな不安は交通事故と同じく保険で備えることが有効です。

FREENANCE会員になると、仕事中の事故や納品物の欠陥を原因とする事故を最高5,000万円まで補償する「フリーナンスあんしん補償Basic」が無料で付帯されるのでオススメです。

無料で登録して口座開設をするだけで自動付帯されるので入っておいて損はないかと思います。まずは、加入条件を満たしているか確認してみましょう。↓↓↓

無料で登録するだけで、最高5,000万円の損害賠償が付く!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ChatGPT 120%活用術 [ ChatGPTビジネス研究会 ]
価格:1,390円(税込、送料無料) (2023/5/23時点)


この記事を書いた人(著者情報)

片岡 学

カタチップ編集長。昭和生まれの30代でWeb業界歴は15年。プログラマー出身のWebデザイナー。現在はカタチップを運用しつつ事業会社でWEBメディアサイトのディレクター兼コーダーを担当。最近はSNSの運用にも業務範囲を拡大中です。

著者画像

スポンサーリンク