あなたのキモチ つなげるカタチ

TOP > WordPress > WordPressループの基本

WordPressループの基本

スポンサーリンク

この記事は2014年8月2日に公開した記事です。

現在とは状況が違う場合がありますのでご注意ください。

WordPressループとは

「ループ」は、WordPressの投稿を表示するために使われるPHPコードとなります。
多くのテーマでトップページに記事一覧が表示されますが
投稿された記事を表示させる方法がwordpressループとなります。

テンプレートにデータが送られてきたら、ループを回してテンプレートタグを必要な場所に設置し、データを表示させるというわけですね。

WordPressループの基本的な使い方

下記の記述が一般的な記述方法となります。

<?php if ( have_posts() ) while ( have_posts() ) : the_post(); ?>

//ここに投稿されが記事内容がループされる

<?php endwhile;endif; ?>
  • ・have_posts() →表示する記事の情報があるか調べる
  • ・the_post() →表示できる状態に整形する

まとめ

ループは基本中の基本ですがWordPressをp勉強し、オリジナルテーマの作成などを行う際には必ず知っておかなければいけないことなので、しっかりと理解しておく必要がありそうですね。

参考にさせていただいたページ
https://wpdocs.osdn.jp/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97

スポンサーリンク