あなたのキモチ つなげるカタチ

TOP > JavaScript > 【JavaScript】シングルページで現在地を示すドットのナビゲーションを実装するテクニック/Current Dot Navigation Single Page

【JavaScript】シングルページで現在地を示すドットのナビゲーションを実装するテクニック/Current Dot Navigation Single Page

スポンサーリンク

この記事は2018年5月6日に公開した記事です。

現在とは状況が違う場合がありますのでご注意ください。

コーディングテクニックの実装内容

縦長のシングルページでよく目にする、右側に固定されたドットのページネーション(正式名称不明)。「セクションのカレント(現在地)表示」と「セクション間遷移」の機能を持ったモノを作成しました。スクロールした時の位置によって、ドットのカレントが変化し、ドットをクリックするとアンカー移動機能を持っています。

実装所要時間:10分程度
難易度:初心者コーダーでも実装可能

CSS,JavaScriptの記述内容

実装に必要なスクリプトは下記の通りです。

$(window).on("load",function(pager){
  var eventElemArray = [];
  var _count = 0;
  var _countFix = 0;
  $(window).on('load scroll resize',function(){
    eventElemArray = [];
    _count = 0;
    $('[data-nav]').each(function(i,pager){
      eventElemArray.push( $(pager).offset().top );
    });
    for(var _i = 0;_i < eventElemArray.length; _i++){
      if( $(window).scrollTop() + ($(window).height() * 0.5) > eventElemArray[_i] ){
        _count++;
      }
    }
    if(_count !== _countFix){
      _countFix = _count;
      $('.nav-dot li').removeClass('current');
      $('.nav-dot li').eq(_count-1).addClass('current');
    }
  });

  $('.nav-dot li').on('click', function() {
    var speed = 700;
    var href = $(this).attr('data-nav-href');
    var offset = $(this).attr('data-nav-offset')|0;
    var target = $(href == '' ? 'html' : href);
    var position = target.offset().top + offset
    $('body,html').animate({scrollTop:position}, speed);
    return false;
  });
});

実装のポイント

  • 1)各sectionに「カスタムデータ属性」を利用してdata-nav="data-nav"と記述。各sectionにアンカー用のIDを付与
  • 2)ページネーションを形成するulに各sectionと紐づけるアンカー用のhrefを記述する。
    ※アンカーの記述は通常のhrefではなくdata-nav-href=”#style-01″といった感じに記述する必要があるので注意

サンプルページのソースと上記のスクリプトを深く考えずに流用いただければ問題なく動くと思います。スクリプト内では各sectionに設定したカスタムデータ属性を配列やfor文で制御し、各セクションを半分くらいスクロールするとページネーションのカレントが動くようになっています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。