あなたのキモチ つなげるカタチ

IEにおけるCSSの記述で注意すること

先日、IE11でウインドサイズを小さくして閲覧したところ崩れを発見しました。
レスポンシブWEBデザインにおいて「PCは要素をpositionで配置してSPはリセットさせる」みたいな使い方をすることが多いですが、そのページではメディアクエリを使用してPCの時は
position: absolutespの時はposition: initialという記述をしていました。
しかし、調べてみるとIE11で初期化にinitialは使えないということを知りました。

どう対応するか?

staticで対応しました。これで、どのブラウザでも問題なく表示ができました。
そもそも、IEうんぬん以前にpositionへinitialを指定すること自体がよろしくなかったようですが。。
ちなみにCSSの初期値ですが、overflowはvisibleが初期値だということも今回の調査で初めて知りました。

この記事を書いた人(著者情報)

片岡 学

カタチップ編集長。昭和生まれの30代でWeb業界歴は15年。プログラマー出身のWebデザイナー。現在はカタチップを運用しつつ事業会社でWEBメディアサイトのディレクター兼コーダーを担当。最近はSNSの運用にも業務範囲を拡大中です。

著者画像

スポンサーリンク