あなたのキモチ つなげるカタチ

TOP > 備忘録 > Internet Explorer8,9,10サポート終了について

Internet Explorer8,9,10サポート終了について

スポンサーリンク

この記事は2015年5月29日に公開した記事です。

現在とは状況が違う場合がありますのでご注意ください。

Microsoftは2016年1月12日をもって各Windows OSの最新バージョン以外の Internet Explorer のサポートを終了すると発表しました。

Microsoftはこれまでのサポートポリシーを変更し、基本的に最新版のInternet Explorerをサポートの対象とし、古いバージョンはサポート対象外とする方向で対応を進めています。
古いバージョンを使い続けたい場合はレジストリを変更することでアップデート通知を抑えることができますが、サポートの終了したバージョンを使い続けるよりもセキュリティサポートの提供されている最新版へ移行することが望ましいということです。

これにより、Windows 7、 Windows 8.1、 Windows 10 ではInternet Explorer 8,9,10 のサポートが終了することとなります。

現在勤務している制作会社のコーディングガイドラインではWindows Vista について推奨環境に含まれていないことから、すべての案件において基本的にInternet Explorer 11 が推奨環境となります。

サポートが終了すると、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の修正プログラム、無料または有料のサポート オプション、またはオンライン テクニカル コンテンツの更新は提供されなくなります。
例えば、サポート終了以降に発見された脆弱性に対しても、マイクロソフトから新規にセキュリティ更新プログラムや修正プログラムが提供されることはありません。攻撃者はこのような脆弱性につけ込むことにより、サポート終了後の製品を利用し続けるユーザーに対して優位に立つことになります。
また、脆弱性に対処するセキュリティ更新プログラムが提供されないため、実質的に「ゼロデイ」攻撃の危機に永久にさらされることになります。

サポートが継続される各Windows OSのInternet Explorerのバージョン

  • ●Windows Vista SP2
    Internet Explorer 9
  • ●Windows Server 2008 SP2
    Internet Explorer 9
  • ●Windows 7 SP1
    Internet Explorer 11
  • ●Windows Server 2008 R2 SP1
    Internet Explorer 11
  • ●Windows 8.1 Update
    Internet Explorer 11
  • ●Windows Server 2012
    Internet Explorer 10
  • ●Windows Server 2012 R2
    Internet Explorer 11
  • ●Windows 8
    Windows 8.1 へアップデートが必要です

参考にさせていただいたページ
Internet Explorer サポートポリシー変更の重要なお知らせ
www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/iesupport/
IE10、IE9、IE8 – まもなくサポート終了-マイナビニュース-
news.mynavi.jp/news/2016/01/07/320/

スポンサーリンク