あなたのキモチ つなげるカタチ

TOP > ディレクター業務 > 見積書・請求書作成の備忘録

見積書・請求書作成の備忘録

スポンサーリンク

この記事は2014年12月13日に公開した記事です。

現在とは状況が違う場合がありますのでご注意ください。

このページは以前勤務していたWEB制作会社におけるディレクター業務の個人的な備忘録です。

見積書作成時の運用ルール

1. フロー

1. 見積もり書の作成
案件が発生したらディレクターは見積チェックシートを参照し、該当する項目にチェックを入れて見積もりを作成する。
その際に必ず見積りチェックシートを使う(単価表がある案件は対象外)
2. プロデューサー確認
プロデューサーへ確認、制作チームの誰に確認すべきか判断する(キックオフMTGの必要性も確認)
※プロデューサーが見積り金額と見積りチェックシートの内容を確認して完結する場合は不要。
3. 制作チームとのミーティング
見積もり作成のための制作チームマネージャー陣とのキックオフミーティングまたは個別確認を実施する。
※プロデューサーが見積り金額と見積りチェックシートの内容を確認して完結する場合は不要。
4. プロデューサーへの再度確認
3.を受けた見積もりをプロデューサーが再確認する。下記項目は念入りにチェックしてもらう。
・営業感
・項目の抜け漏れ
5. クライアントへ提出
確認後ディレクターがクライアントへ提出する。

請求日

土日祝問わず月の末日。指定がある場合はその日付を記入。

請求書送付までの流れ

1. メールで請求書発行依頼をする

  • ・請求書のエクセルを添付する。
  • ・発送方法は、郵送や手持ちなど、クライアントに応じて異なる。
メールひな形
件名 請求書発行のお願い【○月分】クライアント名
各位
お疲れ様です。○○です。
表題の件、下記及び添付ファイルにて発行を依頼させて頂きます。
ご対応の程、お願いします。
■クライアント名:×××
■発送方法:郵送
■請求日付:2015年11月30日
■支払期日:12月末
■発送期日:即日
以上、宜しくお願い致します。

2. 部門コードの記入

部門欄には作業内容に応じて以下の番号を入力しする。

1 ⇒ 制作(デザイン+コーディング 一式の場合。なるべく使用しない)
6 ⇒ デザイン
7 ⇒ コーディング
8 ⇒ システム
9 ⇒ ディレクション
10 ⇒ メディア
11 ⇒ その他 (オペレーション
0、2~5⇒ 使用不可

わかりづらい例
広告・アフィリエイトについては仕入、管理共に[10.メディア]
サーバ費用、ASP費用、開発は[8.システム]
検品、メルマガ配信は[11.その他(オペレーション)]
デザイン、コーディングは基本わけるが、どうしても分離できないのは[1.制作]とする

スポンサーリンク