あなたのキモチ つなげるカタチ

米国著作権局の発表でAIで生成された作品の著作権は複雑なプロンプトを書いても製作者に帰属することは無いと話題に

今回は米国著作権局の発表でAIで生成された作品の著作権は複雑なプロンプトを書いても製作者に帰属することは無いと話題になっていることについての記事になります。

米国著作権局の発表でAIで生成された作品の著作権の詳細情報

AIで生成された作品と著作権については日本でも問題になりそうですね。

GPT-4についてまとめ

  • ・現状ChatGPT Plusで利用可能(月額料金は20米ドル)
  • ・画像入力対応
  • ・司法試験を受けたら上位10%のレベル
  • ・ジョークを理解できる
  • ・嘘をつく可能性低下
  • ・日本語でも高精度な対応
  • ・25,000語を1つのプロンプト内で処理可能
  • ・マルチモーダルAI(画像+テキストからテキスト生成可能)

米国著作権局の発表でAIで生成された作品の著作権の詳細情報に対するみんなの反応

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JavaScript 第7版 [ David Flanagan ]
価格:5060円(税込、送料無料) (2023/1/5時点)


この記事を書いた人(著者情報)

片岡 学

カタチップ編集長。昭和生まれの30代でWeb業界歴は15年。プログラマー出身のWebデザイナー。現在はカタチップを運用しつつ事業会社でWEBメディアサイトのディレクター兼コーダーを担当。最近はSNSの運用にも業務範囲を拡大中です。

著者画像

スポンサーリンク