あなたのキモチ つなげるカタチ

TOP > CSS > 【CSS】@keyframesを使用してアクセス時にブラウン管テレビをつけた時のようなエフェクトをページ全体に適用するオープニングアニメーションの実装方法

【CSS】@keyframesを使用してアクセス時にブラウン管テレビをつけた時のようなエフェクトをページ全体に適用するオープニングアニメーションの実装方法

この記事は2019年3月3日に公開した記事です。

現在とは状況が違う場合がありますのでご注意ください。

コーディングテクニックの実装内容

今回はオープニングアニメーションに関する内容です。@keyframesを使用してページアクセス時にブラウン管のテレビをつけた時のようなエフェクトをウィンドウサイズいっぱいに適用するオープニングアニメーションの実装方法を紹介します。

使いどころ

ページアクセス時にリッチな印象を与えたい時に効果的です。

実装所要時間:5分程度
難易度:初心者コーダーでも実装可能

CSS,JavaScriptの記述内容

body {
  background: #000;
}

.content {
  overflow: hidden;
  background: #fff;
}

.wrap p {
  text-align: center;
  margin: 0 auto;
  padding: 150px 0 0;
}

.show {
  background: #000;
}

.show .content {
  position: fixed;
  top: 50%;
  left: 50%;
  width: 100%;
  height: 100%;
  overflow: hidden;
  transform: translate3d(-50%, -50%, 0) scale(1, 0);
  backface-visibility: hidden;
  animation: show-anime 0.2s;
  animation-fill-mode: forwards;
  animation-delay: 0.3s;
}

@keyframes show-anime {
  0% {
      transform: translate3d(-50%, -50%, 0) scale(1, 0);
  }
  1% {
      transform: translate3d(-50%, -50%, 0) scale(1, 0.001);
  }
  10% {
      transform: translate3d(-50%, -50%, 0) scale(1, 0.001);
  }
  35% {
      transform: translate3d(-50%, -50%, 0) scale(0.5, 0.003);
  }
  100% {
      transform: translate3d(-50%, -50%, 0) scale(1, 1);
  }
}
@media screen and (max-width:640px){
  .wrap p {
    text-align: left;
  }
}

実装のポイント

現在制作中

スポンサーリンク