あなたのキモチ つなげるカタチ

TOP > jQuery > 【jQuery】slickを実行完了後にslickSetOptionでoptionを変更した時、Responsiveの設定における注意点

【jQuery】slickを実行完了後にslickSetOptionでoptionを変更した時、Responsiveの設定における注意点

slickに関するテクニックの内容

今回の記事はslickを使用した実務での備忘録になります。同じような問題で悩んだ方は参考にしてください。

他者によってページ内にslickが実装されており、オプションを変更したいけど実行しているJSファイルを触ることができない。そんな時はslickSetOptionによって実行完了後にオプションの変更が可能となります。

デモページのようにslickを実行させるるa.jsの読み込み後、b.jsに記述したslickSetOptionによってオプション変更をしています。

ResponsiveにおけるslickSetOptionの注意点

SP用に指定するResponsiveの時は配列でslickSetOptionを記述する必要があるの注意してください。

この記事を書いた人(著者情報)

片岡 学

カタチップ編集長。昭和生まれの30代でWeb業界歴は15年。プログラマー出身のWebデザイナー。現在はカタチップを運用しつつ事業会社でWEBメディアサイトのディレクター兼コーダーを担当。最近はSNSの運用にも業務範囲を拡大中です。

著者画像

スポンサーリンク