あなたのキモチ つなげるカタチ

【YouTube】コーディングで今1番重要な実務のスキルをご紹介します!

YouTubeの内容

皆さん、こんにちは!これは、カタチップの専属Webコーダー中野が投稿した記事になります。

今回の動画では「コーディングの現場で今1番求められているスキル」について説明しています。なぜ、短納期の案件が増えているのか?コーディング初心者の方が短納期案件に対処する方法なども解説しています。

制作の現場では例のウイルスの影響もあり、低予算短納期の案件が増えている印象です。僕も会社で、そのような案件を担当することが増えています。

例えば、アニメーションをふんだんに使用した、リッチなページを実装するタイアップLP案件を進めていたのに、例のウイルスの影響を受けて、シンプルなページに仕様が変更され、制作スケジュールが短くなったとかですね。

そのような案件が増えており、WEB業界で知らない人はいないくらい有名なLIGの代表であるゴウさんも少し前の記事で
「Web制作会社に求めるものは確実に納期のスピード
と言っていますね。

これ、まさにそうで、僕のような発注側に携わる人間としても、スピードが最重要視されているのを肌で感じています。

というか、制作のスケジュールが短すぎて、特急料金を上乗せしても制作会社が引き受けてくれないんじゃないかな、と思うような案件もでてきています。そう、コーディングの現場で今1番求められているスキルは(動画をご視聴ください)

YouTubeを視聴するメリット

この動画を視聴することで「コーディングの現場で今1番求められているスキル」についての知ることができます。よかったら参考にしてください。

具体的にはEmmetやSassなどのツールです。EmmetはHTMLやCSSを省略記法することができて、Sassはネストで記述量を減らすことができます。

▼▼続きはこちらの動画から!▼▼

この記事を書いた人(著者情報)

片岡 学

カタチップ編集長。昭和生まれの30代でWeb業界歴は15年。プログラマー出身のWebデザイナー。現在はカタチップを運用しつつ事業会社でWEBメディアサイトのディレクター兼コーダーを担当。最近はSNSの運用にも業務範囲を拡大中です。

著者画像

スポンサーリンク