あなたのキモチ つなげるカタチ

TOP > CSS > 【CSS】背景画像をscaleで立体的にフェードインさせるテクニック/Scale change fadeIn background

【CSS】背景画像をscaleで立体的にフェードインさせるテクニック/Scale change fadeIn background

スポンサーリンク

コーディングテクニックの実装内容

背景画像をscaleで立体的にフェードインさせる方法を紹介します。

実装所要時間:10分程度

CSS,JavaScriptの記述内容

.wrap {
  width: 768px;
  margin: 50px auto 0;
}

.block {
  width: 100%;
  padding: 66.625% 0 0;
  transform: scale(1.05);
  transition: opacity .8s ease-out, transform 1.8s ease-out;
  opacity: 0;
  background: url(/img/a.jpg) no-repeat center top;
  background-size: cover;
}

.block.active {
  opacity: 1;
  transform: scale(1);
}

@media screen and (max-width:640px){
  .wrap {
    width: 100%;
  }
}

実装のポイント

まずは背景画像を設定した要素をopacity:0;で非表示にしておきます。
立体的なフェードインにするポイントはscaleで背景画像を拡大しておくことです。
この要素をaddClass()でactiveを付与した際にscale(1)を与え、transitionと合わせフェードインさせます。

おすすめ記事

スポンサーリンク

「【CSS】背景画像をscaleで立体的にフェードインさせるテクニック/Scale change fadeIn background」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。