あなたのキモチ つなげるカタチ

TOP > CSS > IEにおけるCSSの記述で注意すること

IEにおけるCSSの記述で注意すること

スポンサーリンク

この記事は2016年8月8日に公開した記事です。

現在とは状況が違う場合がありますのでご注意ください。

先日、IE11でウインドサイズを小さくして閲覧したところ崩れを発見しました。
レスポンシブWEBデザインにおいて「PCは要素をpositionで配置してSPはリセットさせる」みたいな使い方をすることが多いですが、そのページではメディアクエリを使用してPCの時は
position: absolutespの時はposition: initialという記述をしていました。
しかし、調べてみるとIE11で初期化にinitialは使えないということを知りました。

どう対応するか?

staticで対応しました。これで、どのブラウザでも問題なく表示ができました。
そもそも、IEうんぬん以前にpositionへinitialを指定すること自体がよろしくなかったようですが。。
ちなみにCSSの初期値ですが、overflowはvisibleが初期値だということも今回の調査で初めて知りました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です