あなたのキモチ つなげるカタチ

【YouTube】コーディングは難しいからNoCodeを使用するのはダメな理由

YouTubeの内容

皆さん、こんにちは!こちらは、カタチップの専属Webコーダー中野が投稿した記事になります。

今回はWeb制作のフリーランスを目指す人がコーディングは難しいからNoCodeを使用するのはダメな理由をご紹介します。

受託制作でコーディングができないからNoCodeを使用することは例えるなら「レトルトカレーをレンジで温めてクライアントに提供することしかできない料理人」です。実務ではクライアントから想定外の修正や追加要望が多数くることもあり。料理で言うとベースの味や素材を変える能力がないと終わりです。

YouTubeのショート動画なので1分以内に視聴を終えることができます。是非、ご視聴ください

YouTubeを視聴するメリット

この動画を視聴することで「NoCodeの使用方法をマスターしたのに案件を全く受注できない状況がなぜ発生してしまうのか」について知ることができます。また、NoCodeを使用して受託制作を行っても良いケースについても知ることができます。

YouTubeを視聴すべき方

未経験からWeb制作のフリーランスを目指しているものの、コーディングが難しいと感じている方におすすめの動画です。

▼▼続きはこちらの動画から!▼▼

この記事を書いた人(著者情報)

片岡 学

カタチップ編集長。昭和生まれの30代でWeb業界歴は15年。プログラマー出身のWebデザイナー。現在はカタチップを運用しつつ事業会社でWEBメディアサイトのディレクター兼コーダーを担当。最近はSNSの運用にも業務範囲を拡大中です。

著者画像

スポンサーリンク